和泉市 堺市の不動産、新築一戸建て、分譲住宅、土地購入ならユウハウジング株式会社

こだわりの技術

長期優良住宅に対応。

末永く安心して暮らせる住まい。法律で普及が促進されています。

日本の住宅は、欧米に比べて寿命が短く、解体廃棄による環境への負荷や建て替えによるコスト問題でした。これらを解消し、長もちする家を大切に使い続けるために、2009年に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行され、国が質の高い住宅を認定する制度が作られました。劣化対策、耐震性、維持管理など住まいを長く安心して住まい続けるための認定基準とともに、ゆとりの広さや良好な景観のための項目もあり、これらをクリアした住まいは高い資産価値を有しているといえます。子や孫の世代まで100年受け継いでいける家族の財産となるでしょう。

長期優良住宅のイメージ

長期優良住宅・認定低炭素住宅の優遇制度

長期優良住宅・認定低炭素住宅の優遇制度 図解

健康と子育てを考えて、
安心の構造と先進のエコライフを提案します。

まわりの環境と調和した快適な空間をつくる。自然の恵みを活かして暮らしのエネルギーをつくる。

そんなエコロジーな発想で、地球にやさしく、家計にうれしい先進の住まいをご提案。

お客様にとって「わが家」がどこよりも心地よく、安心できる場所になります。

「呼吸する家」通気断熱WB工法を採用。

エコで心地よい「呼吸する家」を実現します。

ユウハウジングでは、国土交通大臣認定の通気断熱WB工法を採用。
基礎から屋根裏まで自然な通気をすることで、部屋の温度を安定させ、一年中快適な室内環境を保ちます。

シックハウス・悪臭対策

化学物質や臭いなどは、透過壁を通って室外に排除されます。

省エネ

地熱を活かした室温調節で、夏は涼しく、冬は暖かくなり、冷暖房費も節約。

湿度調節

余分な湿気が透過して室内にこもらず快適。結露も解消します。

通気断熱WB工法
室内はクリーンな空気
認定低炭素住宅への取り組み。

低炭素住宅とは

平成24年12月4日、「都市の低炭素化の促進に関する法律」(エコまち法)が施行され、低炭素住宅の認定制度がはじまりました。それまでの省エネルギー対策は、住宅の気密性・断熱性の向上を基本としてきましたが、家庭で消費されるエネルギーが飛躍的に増大。その構成比は、給湯約28%、冷暖房費約28%、キッチン約8%といわれます。そのため断熱性だけでなく、「省エネ住宅」設備「創エネ」太陽光発電設備を加えて総合的に省エネを実現するのが低炭素住宅です。認定されると様々な優遇制度が受けられます。

消費エネルギーから「創エネ」分をマイナスできます。

低炭素住宅の認定基準

認定には2つの項目をクリアする必要があり、1つ目は定量的項目で省エネ基準より一次エネルギー消費量が10%減であること。2つ目は選択的項目で、8つの項目の2つ以上に該当する必要があります。

認定低炭素住宅には、長期優良住宅と同じく税制・融資で優遇されます。

認定炭素住宅のイメージ

認定炭素住宅のイメージ

選択的項目(2つ以上に該当する必要)

1.節水に資する機器を設置している。
2.雨水、井戸水又は雑排水利用。
3.HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を設置。
4.定地型の蓄電池の設置。
5.一定のヒートアイランド対策を講じている。
6.住宅の劣化の軽減に資する措置を講じている。
7.木造住宅若しくは木造建築物である。
8.高炉セメント等を使用している。